薄毛や肌トラブルにはビオチン摂取が効果的
ビオチン

ビオチンについて

ビオチンはビタミンHともよばれる成分で人間の体内のエネルギーの代謝や作成に非常に深いかかわりを持っている栄養素です。

基本的に腸内で精製される成分なので、今まではあまり気にされていませんでした。

しかし最近の生活習慣の変動やストレスなどによって腸内環境が崩れてしまうと、このビオチンが不足してしまうことがわかってきたのです。

このビオチンが不足すると人間の体内には様々な障害が起こってしまいます。

白髪やしわなどの外見的な老化の促進や、肥満などの原因にもなります。

またうつ病などの原因にもなると言われています。

ビオチンの効果

ビオチンは人体が健康な状態を保つためには非常に重要な役割を果たしている成分です。

このビオチンは健康な身体では腸内で生成されている為に不足することは無いと思われていました。

しかし最近の研究では、現代人の体はビオチンが不足している可能性が高いと言われています。

これは不規則な生活を送っていると起こってしまう現象で、ビオチン不足によって体内には非常に沢山の弊害が起こってしまうのです。

エネルギーなどの代謝に非常に関わりのあるこのビオチンは、不足すると体内のエネルギーの生成に影響が出てしまいます。

またビオチンを摂取することで非常に効果のある疾患があります。それは皮膚炎です。

ビタミンBの一種であるビオチンがビタミンHと呼ばれる理由は、皮膚を表すドイツ語の頭文字をとってHが付けられています。

これは皮膚に対して有効な成分として発見されたものがビオチンなのです。

ビオチンの不足には皮膚を構成するコラーゲンの生成などに障害が起きてしまいます。

又、白髪などの原因にもなることから外見を非常に左右するものなのです。

これらの皮膚炎や白髪やシワなどが気になっている人は、このビオチンを積極的に摂取することで予防をすることができるでしょう。

ビオチンと皮膚炎

ビオチンは元々、皮膚炎に対しての治療のために研究・発見された成分です。

重度の皮膚炎の患者は血液中にビオチンが健康な人よりも少なくなっています。

肌トラブル


特にアトピー性皮膚炎の場合には、健康な人の半分も存在しないと言われています。

ビオチンはこれらの皮膚炎のかゆみの原因であるヒスタミンを体外に放出する役割があるのです。

そのビオチンが不足しているとかゆみの原因であるヒスタミンが体の外に出されずに酷いかゆみを発生させて皮膚炎をさらに悪化させてしまうのです。

そんなかゆみを抑えるためにもビオチンをきちんと摂取することが重要なのです。

最近では食品やサプリメントなどで簡単に補給することができるようになりました。

これらの症状がある場合には積極的にビオチンを摂取してみましょう。

症状が緩和する効果が期待することができます。

ビオチンの副作用

ビオチンの不足は何れ、深刻な健康障害が起こってしまいます。

ビオチンが不足をすると皮膚の張りが無くなったり白髪が増えてしまったり、筋肉痛や疲労感など正常な人間の生活に影響が出てしまうものなのです。

ビオチンは健康な人では不足することはまず、ありません。

その為に今まではビオチンに関してはあまり考えられていませんでした。

しかし最近では、不規則な生活などで不足してしまうことが分かってきました。

その為に食品やサプリメントなどでビオチンを補給する必要があると言われています。

そんなビオチンの副作用はどんなものがあるのでしょうか。

基本的にどんな食品にも含まれている栄養素なので副作用は報告されていません。

基本的に不足することは危険ですが、通常の食事などで摂取している為に危険性はない栄養素なのです。

過剰摂取による障害なども報告はありません。

しかし血液凝固を補助する働きもあるために血液凝固剤などの処方を受けている場合には医師の相談が必要なのです。

ビオチンとアトピー

基本的にエネルギーの代謝等の効果があるビオチンは、人間の皮膚を構成するタンパク質の生成に関係が深く、皮膚を作る細胞を活性化する働きがあるという研究結果が発表されています。

又、皮膚炎の大敵であるかゆみを起こすヒスタミンを血液中から排出する働きがあるのです。

このビオチンは、アトピー性皮膚炎の症状の緩和にも非常に貢献しています。

肌トラブル


アトピー性皮膚炎の患者の血液中にはこのビオチンが健康な人の半分程度しか無いと言われています。

その為に、このヒスタミンが体内に多く存在し、かゆみの元になってしまいます。

ヒスタミンが多く存在することで、かゆみが発生して掻き壊しなどで皮膚が荒れる原因になってしまうのです。

アメリカなどでは、これらの皮膚炎の治療にビオチンが一般的に使用されています。

しかし日本ではビオチンが積極的に治療に使用されていない為に、自分で積極的に摂取する必要があるのです。

ビオチンはサプリメント等で摂取をすることが可能です。

又、過剰に摂取した場合の危険性なども報告されていません。

しかしこれらのアトピー性皮膚炎等の場合には、きちんと医師に相談をしてから摂取するようにしましょう。

ビオチンの欠乏

通常の生活では殆んど不足が起きることがありませんでしたが、不規則な生活や食生活の乱れ、ストレス等によってビオチン不足が起こってしまいます。

食生活等では古い油を使った食品でもビオチンには大敵です。

又、アルコールやコーヒーの過剰摂取等によってもこのビオチンが不足してしまいます。腸内の環境が悪化してしまうとビオチンの生成が不足してしまう現象が起こってしまうのです。

抗生物質の摂取などでもビオチンが不足する現象が起きてしまいます。卵白もビオチンの摂取に関して吸収を阻害するということが分かっています。

病気等によってもビオチンの欠乏が確認されています。

アトピー性皮膚炎の患者の場合には血液中のビオチンが健康な人の半分以下になってしまい、皮膚炎の症状をさらに深刻にしてしまうことがあるのです。

このようにビオチンは不足してしまうことが多い為に積極的に摂取する必要があるのです。

サプリや食品でビオチンを摂取することを心がけましょう。

ビオチンを含む食べ物

ビオチンを多く含む食品には次のような物があります。

レバーは非常に多く含まれます。

特に、牛レバーには多く含まれています。

又、大豆にも多くビオチンが含まれます。

レバー


牛乳やヨーグルトと言った乳製品にも多く含まれています。

腸内の善玉菌によって生成されるビオチンですので、ヨーグルト等は非常に有効な食品と言えるでしょう。

玄米にも多く含まれており、海産物や野菜類にも多く含まれていますので、意識しなくとも実はビオチンを含む食品を摂取していることが多いのです。

しかし、ビオチンを多く含む食品の中でも卵は異質で卵白にはビオチンの吸収を阻害する働きがあるので注意が必要です。

ビオチンを含む食品を摂取する時には卵白を含む料理は避けた方が良いでしょう。

又、健康食品やサプリメントでは純粋にビオチンを摂取することができます。

ビオチンを摂取

ビオチンは牛レバーや豆類等をはじめとして様々な食品で摂取することができます。

しかし、ビオチンは水溶性のビタミンです。

その為に、食品で摂取する時には調理法にも気をつけましょう。

ビオチンは食品などで摂取することができますが、効率よく摂取する為には、他のビタミンBを同時に摂取することが必要です。

ビオチン単体で摂取しても、効果的にビオチンを吸収することが出来ないのです。

ビタミンB1やB2、葉酸、アイアシンやパンテトン酸等のビタミンB群を同時に摂取することで、ビオチンを役に立つ形で摂取できるのです。

又、生の卵白にはビオチンの吸収を阻害してしまう働きがあるので、卵白の過剰な摂取はビオチン不足を起こす原因になりますので注意しましょう。

ビオチンが不足している人は、食品だけではなくサプリメントで積極的に摂取することが重要です。

この時には、ビオチン単体のサプリメントではなく、ビタミンB群も同時に配合している高機能なサプリメントもありますので、それらのサプリメントを摂取して効率良く、ビオチンを体内に取り入れるようにしましょう。

ビオチンの働き

ビオチンの働きには次のようなものがあります。

ビオチンには体内エネルギーの代謝を助ける働きがあります。

又、医療用にもこのビオチンは古くから活用されてきました。

顕著なものとしては、アトピー性皮膚炎をはじめとする皮膚炎の治療に活用されているのです。

又、ビオチンにはかゆみの原因になるヒスタミンを体外に排出する働きがあり、皮膚を再生する効果を高めることが確認されています。

他にも、美肌効果もあります。

皮膚を構成するコラーゲンの生成を助けることから、張りのある素肌を作る働きがあると言われているのです。

その他、慢性疲労や筋肉痛などにも効果があると言われています。

白髪


筋肉中の疲労物質である乳酸を分解してくれる為に、筋肉痛の緩和などにも効果が期待できるのです。

さらに糖尿病にも効果が期待できます。

ビオチンには糖の分解を促進する働きがある為、血糖値を抑えることができると言われています。

脱毛や白髪などの髪の毛のトラブルにも効果的です。

ビオチンの不足は脱毛や白髪の原因になってしまいます。

きちんとビオチンを補給することによって、これらの髪のトラブルを予防する効果もあるのです。

ビオチン配合の育毛サプリ
女性用育毛サプリ

ビオチン不足

ビオチン不足、その原因は何があるのでしょうか。

基本的にビオチンは、健康な腸内では善玉菌が生成しています。

しかし、腸内環境の悪化によってビオチンが生成出来なくなってしまいます。

又、食生活の偏りなどによって必要量が摂取出来ていないことがあります。

ビオチンはレバーや大豆、乳製品などに多く含まれます。

偏食などによってこれらの食品を摂取していない場合には、ビオチン不足が起こってしまいます。

先天的にビオチンが不足している場合もあります。

これには先天的にビオチンを分離できない異常が起こります。

さらに特定の薬品を摂取することによって、ビオチンが不足することもあります。

抗生物質などの中には腸内環境を悪化させてしまい、ビオチンの生成ができずに不足してしまうことがあるのです。

基本的にお腹の健康は体の健康です。

きちんと腸内環境を整えてビオチンが不足しないように心掛けましょう。

又、食品やサプリメントによって積極的に摂取することが重要です。

ビオチン不足を起こさないように食事や健康に気をつけましょう。

ビオチン不足と症状

ビオチンが不足してしまうと起こってしまう症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

多少の不足では重い症状は起こりませんが、極度のビオチン不足によっては深刻な症状が起こってしまうことがあるのです。

ビオチンはビタミンHと呼ばれるビタミンBの一種で、皮膚炎の治療のために発見された成分です。

このビオチンの大幅な欠乏状態では、皮膚炎が多く発生します。

これは皮膚を構成や生成することを助けているビオチンが不足することで、皮膚に障害が起こってしまうのです。

アトピー性皮膚炎の患者の血液中のビオチンの量は、健康な人の半分程度しか無いと言われています。

又、体がダルいなどの倦怠感や筋肉痛も起こってしまいます。

うつ病などの原因にもなると言われており、肉体的にも精神的にも非常に重大な病気を引き起こしてしまうのです。

ビオチンが異常に欠乏すると、免疫機能にも異常が表れてしまうと深刻な病気が起こってしまいます。

糖尿病や結核、気管支喘息やリウマチなどの治すことに時間が掛かる病気を引き起こしてしまいますので、不足しないように注意が必要なのです。

ビオチンの減少と原因

腸内環境が悪化すると健康な身体を維持する為に必要なビオチンの生成ができずに、体内のビオチンが不足してしまうことになるのです。

便秘等もこの腸内環境を悪化させる原因です。

老廃物が溜まってしまうことで、腸内の悪玉菌が増えてしまう為にビオチンの生成が阻害されてしまいます。

又、食事はビオチンの摂取だけでなくて腸内環境を整えるためにも非常に重要です。

腸内環境を良くする食品を積極的に摂取することで、ビオチン不足を防ぐことができます。

ヨーグルトはビオチンを多く含むだけでなく、腸内の善玉菌にも良い影響を与えるので非常に優れた食品です。

しかし、腸内環境に悪い食品もあります。

特に、古い油を使用した食品なども腸内環境を悪化させる原因です。

さらに生の卵白にはビオチンの吸収を阻害する働きがあります。

その為に卵白を過剰に摂取するとビオチン不足を起こしてしまうのです。

基本的にお腹の健康は身体の健康を作るものです。

健康の為にもビオチンを多く含む食品を摂取するだけでなく、腸内環境を改善するように心がけましょう。

サプリメントのビオチン

マルチビタミン等のサプリメントの中にはビオチンという成分が含まれていることがあります。

聞きなれないこのビオチンとは一体どういう物なのでしょうか。

実はこのビオチンは、ビタミンBの一種で、別名ビタミンHとも呼ばれる栄養素なのです。

基本的にこのビオチンは、エネルギーの代謝等に必要な成分で、健康な人なら腸内で生成されているビタミンです。

その為に不足することは無いと考えられていたのですが、最近では様々な原因で、このビオチンが不足しているということがわかってきました。

このビオチンが不足すると、非常に様々な異常が体に起こってしまいます。

特に有名になったものとしては、ビオチン不足で難病である掌蹠膿庖症にかかってしまった奈美悦子さんのエピソードが有名です。

ビオチン不足で起こったこの掌蹠膿庖症は、身体に膿をもった湿疹ができる病気です。

又、関節炎や糖尿病なども併発する恐れもあり、重症化すると日常生活に非常に支障が出てしまいます。

この掌蹠膿庖症の治療にビオチンが使用されたことから有名になりました。

その為に、ビオチンは最近のサプリメントには多く含まれている成分なのです。

ビオチンをきちんと補給して健康な体を維持するように心がけましょう。

乳児のビオチン不足

乳児のビオチン不足が起こってしまうことがあります。

乳児は母親の胎内から腸内細菌を引きついで生まれてきます。

その為に母親がビオチンの欠乏を起こしている場合には、乳児はビオチン欠乏症のままに生まれてきてしまうことがあるのです。

赤ちゃん


ビオチンの欠乏は非常に重大な健康に対しての弊害が起こってしまいます。

特に乳児は免疫機能も出来ていない為に重い病気を引き起こすこともあるのです。

母親のビオチン欠乏に関しては生活習慣等によって起こります。

不健康な生活によって腸内環境が悪化すると、ビオチンを生成する善玉菌が少なくなってしまう為にビオチン不足が起こってしまいます。

又、アルコールの過剰摂取や喫煙によってもビオチンの欠乏が起こります。

さらに継続的に抗生物質等の投与を受けている場合には、腸内環境が崩れてしまい、ビオチンが不足してしまうのです。

母親がビオチン不足だと、母乳にもビオチンが不足している為に、ビオチンが欠乏したままの状態になってしまうのです。

母親の健康は乳児の健康にもつながりますのできちんと健康を維持するようにしましょう。

ビオチンで効果的な治療

糖尿病や掌蹠膿庖症などの難病を発病してしまうことがあります。

アトピー性皮膚炎もビオチンの欠乏によって症状が悪化します。

アトピー性皮膚炎の患者の血液中には健康な人の半分程度しかビオチンの濃度がないと言われています。

その為にかゆみの元になるヒスタミンを抑えることができずにさらに患部を悪化させてしまうのです。

そんな重大な病気になる前に、なんとかビオチンの不足を何とかしたいと考えるのではないでしょうか。

しかし、ビオチンを処方してくれる病院が無いことや、病院自体に行くことが難しいこともあると思います。

そのような場合にはビオチンをサプリメントで服用することで症状の緩和とビオチン不足を改善すると良いでしょう。

しかし、ビオチンを摂取する時にはビタミンB群などを同時に配合しているサプリメントでなければ効果が低いのです。

又、ビオチンが不足している時には喫煙や過度のアルコールの摂取は避けましょう。

また卵白はビオチンの吸収を阻害しますので出来る限り避けましょう。

欠乏症からの回復

ビオチンは一度欠乏状態になってしまうと中々十分な量にまで回復することが難しいです。

体内のビオチンを回復する為には、サプリメントなどを上手に活用してビオチンを回復させるようにしましょう。

これらのサプリを摂取する時には同時に、ビタミンB群の摂取が必要です。

日本産のサプリメントよりもアメリカのサプリメントの方が濃度が高いことで効果が高いと言われています。

その為、個人輸入などでアメリカからビオチンのサプリメントを入手する人も多くいます。

又、ビオチンの不足が確認された時には次のようなことには注意しましょう。

さらにビオチンを不足させるだけではなくビオチンの生成や吸収を阻害する結果になります。

タバコ


それと喫煙は控えましょう。

また、アルコールやコーヒーの過剰な摂取も腸内環境を悪化させるために控えなければいけません。

砂糖は腸内の悪玉菌の餌になってしまうために控えた方が良いでしょう。

虫歯や歯周病も炎症の元になってしまいます。

ビオチンが欠乏している時には、免疫力も落ちていますので虫歯などは早期に治療しましょう。

これらの注意事項とサプリメントを上手に活用することでビオチン不足からの脱出ができます。

健康を取り戻すためにもビオチン不足を改善するようにしましょう。

口内炎にはビオチン

最近はビオチンが不足している現代人が多くなったと言われています。

ビオチンの欠乏のサインの一つとして肌のトラブルが挙げられます。

口内炎や口唇炎など、その一つの症状です。

ビオチンは健康な皮膚を作るためには必須の栄養素です。

エネルギーの代謝や皮膚を構成するコラーゲンの生成を掌る細胞を助ける働きがあります。

又、免疫機能にも深い関係がありビオチンが不足するとこれらの皮膚のトラブルが起こってしまうのです。

ビオチンを摂取することによってこれらの症状は改善します。

特に肌のトラブルに関しては非常に高い効果があるのです。

元々ビオチンは皮膚の病気の治療の為に発見、研究されたビタミンなのです。

ビオチンを摂取することによって様々な皮膚炎の症状を緩和することができます。

特にアトピー性皮膚炎には効果があると言われ、アトピーの悩みの一つであるかゆみの元のヒスタミンを体外に排出する効果があります。

皮膚炎を発症している人のビオチンは欠乏しており、サプリメント等でビオチンを補給することでこれらの皮膚炎を改善することができるのです。

子供のアトピー

アトピー性皮膚炎の治療にビオチンが効果があると言われています。

実際はどうなのでしょうか。

ビオチン自体は人間の体内で生成されている栄養素です。

しかも、ビオチンは通常の食事などでも摂取している安全な成分なのです。

その為にビオチンの過剰摂取に関しても特に健康に問題はないと言われています。

それどころか欠乏してしまうと、皮膚病をはじめとする様々な病気の原因にもなってしまいます。

しかし、素人判断で乳幼児にビオチンのサプリメントを与えることは危険です。

サプリメントに含まれている全ての成分を把握していますか?

サプリメントを構成する成分の中には、子供のアレルギー源になってしまうものを含んでいる可能性もあります。

ビオチンでも効果があるものと悪化させてしまうものがあるのです。

ビオチンにはL型とD型があり、アトピーに効果があるのはL型です。

市販のビオチンのサプリメントに多いものはD型で、アトピーには逆効果であるとも言われています。

サプリメントの内容に関しては製造元や医師でなければわかりません。

又、アレルゲンを含むサプリであると悪化するだけでなく、ショック症状にも注意が必要なのです。

しかも食品でビオチンを摂るにもアレルゲンに注意が必要です。

特にアトピーの場合には食事制限のある場合も多いでしょう。

アレルゲンを含まない食品で、ビオチンを多く含む食品を食べさせるようにしましょう。

又、サプリを使用するときは医師の指示でサプリメントを使用しましょう。

ビオチン含有のマルチビタミン